カテゴリー別アーカイブ: Mother Teresa

2011/12/11 Sun 12月11日 God bless you

「わたしは祈りを必要としているでしょうか?」
「わたしは祈りたいのでしょうか?」
と、あなたが感じるとき、
どこにいようとも、
マザー・テレサの、
「愛と祝福がいつもあなたと共に」という祈りを
覚えていてください。
神の祝福がありますように。

マザー・テレサ「日々のことば」より

2011/12/10 Sat 12月10日 ”are you married ?”

コルカタへきた人々が帰る前に、願いました。
「わたしたちがもっとよく生きていく助けとなることを
何かおっしゃってください。」
わたしは言いました。
「お互いに笑顔を向けてください。
あなたの妻に、あなたの夫に、あなたの子どもたちに。
だれであっても、かまわないのです。
そうすればお互いに、
いっそう大きな愛を成長させることでしょう。」
ひとりが尋ねました。
「あなたは、結婚しているのですか?」
わたしは答えました。
「はい。
ときどき、わたしの主人であるイエスさまに笑顔を向けることは、
とてもむずかしいと思うときがありますよ。
彼は厳しい要求をたくさんくれます。」
これはほんとうです。
愛は、要求がとても厳しいとき、
わたしたちが喜んで与えることができるとき、生まれてくるのです。

マザー・テレサ「日々のことば」より   

2011/12/09 Fri 12月9日 one’s conscience

わたしは(人々に)、どんな近づき方をするでしょう?
それは自然と、カトリックのやり方になるでしょう。
あなたにとってはヒンドゥー教、他のだれかには仏教と、
その人の心に合った方法があります。
あなたの心におられる神を、
あなたは受け入れるにちがいないからです。
でも、わたしは、わたしが持っているもの、
つまり、わたしがいいと信じているものを
あなたにあげずにはいられません。

マザー・テレサ「日々のことば」より   

2011/12/08 Thu 12月8日 converting hearts

わたしは人々を変えたいと思います。
あなたがたが思っているような改宗という意味ではなく、
心を変えたいのです。
全能の神でさえ、その人が望まない限り、変えることはできません。
わたしたちの行いや、奉仕をもってするすべての努力が、
わたしたちを神に近づけるのです。
これが理解されるべき回心の道ですが、
人々は、回心とは突然に変わることだと思っています。
でも、そうではありません。
神を自分の生涯の中に迎え入れることによって、変わるのです。
わたしたちは、もっとよいヒンドゥー教徒、
もっとよいイスラム教徒、もっとよいカトリック教徒、
その他なんであっても、
もっとよい人になり、いっそう神に近い者になるのです。

マザー・テレサ「日々のことば」より   

2011/12/07 Wed 12月7日 temples of love

おそらく、わたしたちの家族の中に、
さびしい思いをしている人、体の具合の悪い人、
何か心配のある人がいるのではないでしょうか。
わたしたちはそこにいますか?
まずはじめに、
自分たちの家族の中の心さびしい人を見つけましょう。
お年寄りは施設に入れられて、
だれも訪れる人がいないのです。
お互いにほほえみを交わす時間すら、
どんどんなくなってきています。
いっしょにいる時間がどんどん少なくなってきています。
愛は家庭から始まるのです。
もしも、わたしたちが、
自分たちの家を愛の神殿にすることができさえすれば……。

マザー・テレサ「日々のことば」より